【キックボクシング】 WPMF日本スーパーライト級王者!潘隆成インタビュー

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

今日の投稿は、友人である

潘隆成(パンリュンソン)選手(@ryunson0802に取材してきました!

今やREBELS期待のエース候補!

高校までサッカー少年だった彼が、新しいスポーツに出会い、

それを追求し続けた結果、今ではそれが仕事になっている。

そんな彼の今までの生い立ち、キックボクシングについてインタビューしてきました!!

※REBELS・・・REBELS(レベルス)とは、キックボクシングとムエタイを主とした団体の事。

 

プロフィール

名前 潘 隆成(パン リュンソン)
経歴 実践学園高校→淑徳大学→クロスポイント吉祥寺
生年月日 25歳 1993年8月2日生まれ
戦績 28戦19勝(5KO)6敗3分
タイトル  WPMF日本スーパーライト級王者

 

avatar

わったーる

本日は宜しく御願い致します!

こちらこそです!

avatar

パン選手

avatar

わったーる

今回は、パン選手の学生生活のエピソード、サッカーからなぜキックボクシングに?等お聞きしたいと思います!

はい!御願い致します!

avatar

パン選手

 

どんな学生時代を過ごしていたのか

小学校から高校まではサッカー漬けの日々。
大学からは、キックボクシング漬けの毎日だったねー。
自分の軸はキックボクシングだったから、それ以外の事は全て遮断してキックに専念した。

大学に至ってはタバコは吸わない、アルバイトもしない、飲み会は2回しか行ってない笑。

 

個人競技をやってみて

団体競技と似てるなって思ったよ。
何でかと言うと、練習する時は相手もいないと出来ないし、モチベーション作りも練習仲間がいないと保つ事は難しい。
リングに上がる時は1人だけど、それまでの過程は1人だけでは出来ないしね。

 

就職活動はした?

就職活動はしてないよ、大学2年でプロデビューしてからキックボクシングで稼ごうと決めた。
キック以外に好きな事も無かったし、嫌いな事をしてまで働きたくないなって。

やりたくない事はやらない。
これは、シンプルかもしれないが周りを見ると凄く焦るよね。

若い内に夢中になれるものを見つけた、
だからこそキックでいけるところまでいってやろうと決めた

 

今後どのような選手になりたいか

今の僕は、友達、スタッフの関係者の身内の方々を中心に、
試合に来て頂いている状態です。毎回来て頂きありがとうございます。

プラスアルファで今後は、一般の方々に対しても、【潘 隆成】が出てるから、観に行こう!
と人気をつけたいです、いやなります!

 

10/8 試合についての意気込み

健太選手はトップ選手です。

ですが僕は自分を信じて、勝利を掴みとります!
格闘技は予想しないことが起きるのが面白い、僕が勝ってお客さんを驚かせて名前を売ります!

 

これから新しい事を始めたい人に対して

好きな事は、全力でやって下さい。
やりたい事があるのに、お金がないとか時間がないから出来ない。
やってないのにそんなの考えなくていいんです。
好きな事をやってると、自然と周りも助けてくれます。

好きなら今、全力でやる事!

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です