もっと自由に働きたい 家入一真さん【書評】

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

今回は、家入一真さんの著書、もっと自由に働きたいを読みました。

 

この本を読んで思うのは、人生もっと自由に生きてもいいんだーと気持ちが軽くなります。

 

・働き方に疑問を抱いている人
・自分の悩みに対して、解決策を探している
・逃げ出したいけど、どうしようと考えている人

 

そんな思いを抱いている方にぜひ読んで頂きたいです。

では僕が、この本から学んだ事をピックアップし、引用とともに紹介致します。

 

著者情報
家入一真(いえいりかずま)
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。
JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。
クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。
その他にも多くの代表取締役を勤めている。
50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。”

 

【もっと自由に働きたい】はどんな本?
現状から逃げ出したい!と思っている人向けに向けた本です。
自分の人生の生き方、働き方に対して疑問を抱いている。
その時に「逃げる」という選択肢を取り入れると、楽になれるよと。
とことん自分に正直に生きる為のアドバイスが記してあります。


逃げていい

足が立ちすくみ一歩も前に踏み出せなくなるくらいなら、
毎日逃げ出したいと思って過ごすくらいなら、立ち向かって玉砕して、
心が疲れてしまうくらいなら、真逆の方向に全力で逃げ出してしまえ。”
「逃げる」という選択肢を一つ自分の中に持っているだけで、もっと自由に生きていけるよ。

家入さんの「逃げていい」と言う言葉、すごく気持ちが楽になります。
なぜなら、今自分がいる場所が全てではないのだから。
自分の中に一つ「逃げる」という選択肢を持つことがいかに大切か。
自分が腐りさえしなければ、自分にあった場所は必ずある。

とりあえず、やっちゃえ。

常識だからといって、自分に必要ない力を身につけなくていい。
まずは、やってみることだ。
必要なものは後からついてくる。

やりたいことに対して、お金が必要、勉強しなきゃ、時間がない、、、
やりたいことに入念な準備は要らない。
やり始めてから、そこから少しずつ軌道修正すればいい。

 

おわりに
皆さん、長い人生とことん自分に正直に生きましょう!

そのためにも、「逃げてもいい」という選択肢に気づかなければいけません。

プレッシャーに押しつぶされて、SOSになるなら逃げ出せばいい。

逃げた先に新しい道が拓けるなら、そこがスタートになります。

変な常識とかに縛られないで、もっと自由に働きましょう!

 

 

じゃーにー

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です