ママチャリ旅初心者必見!おすすめと注意点3つ

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

みなさん、ママチャリで長距離の旅をしたことはありますか??

 

僕は、学生時代に約530kmをママチャリで制覇した経験があります!

 

そこで、ママチャリで長距離を旅した僕が思う、おすすめと注意点3つを紹介します!

 

 

 

ルート


当時のルートはこんな感じです。
国道1号線に沿って、ママチャリを漕ぎました。
神奈川県の六会日大前駅(最寄駅スタート) → 兵庫県の竹田城跡(ゴール)
距離にして約530km日数は6日間かかりました。
1日10時間漕ぎ、90ー100kmを6セット。

 

費用

宿泊費  6,000円  【 1日2,000円×3日(内2泊は野宿なのでタダ)】
食費  9,000円  【 1日1,500円×6日 】
準備費用 10,000円  【中古ママチャリ8,000円、パンクキット2,000円 】

帰りはママチャリをおじさんにあげ、先輩にバイクで迎えに来て貰った為、費用はかかりませんでした。
宿泊は漫画喫茶のナイトパックにすると費用の節約になります。
(夜遅くまでママチャリを漕いで遅い時間に漫画喫茶に入る)

 

準備した物

・3日分の衣類
・すぐ乾燥するタオル
・バッグを括るゴム紐
・水2リットル(夏場は必須)
・塩飴
・パンクキット
・財布、携帯を入れる小さいショルダーバッグ

なるべく荷物は少なめで行くのを推奨します。
なぜなら、荷物が重いとチャリを漕ぐのもたいへんです。
身軽に行き足りない物などがある場合は、現地で揃えましょう。
夏場に挑戦する場合は、暑さで熱中症を避ける為に、水と塩分の摂取は必須です。

 

 

おすすめ③つ

①ゴールの時の達成感が半端ない!

ママチャリ旅をやる上で、これがあるからこそチャリを漕げます。
何日もかけて、汗水垂らしてゴール地点にたどり着いた時、やばいです。
何日もの旅の疲れが一気に吹っ飛びます。
僕は、竹田城跡(ゴール)に着いた瞬間に、泣きました。笑
是非ご自身でゴール地点を決めて感動しましょう!


(竹田城跡の雲海が見える時期ではなく、雲海は見れませんでした)

 

②人との出会い

旅先での一期一会を楽しむのもママチャリ旅での楽しみです。
お互いどこを目指して、どこからきたのか、労いの言葉など貰って凄く元気でます。
道を聞いた人に、みかんを貰ったり、頑張ってーとか言われるだけでも気合い入ります。笑
チャリ旅だから出会えた旅というのすごい素敵です。

 

③ワクワクする


チャリ旅だからこそ、楽しめるワクワクさ。
見るもの全てが初めての風景なのでとても新鮮です。
何より、田舎な道に行けば行くほど自然が溢れていて気持ち良いです。
ドラクエのゲームの中の主人公の様な気分になれます。
チャリ旅という非日常はワクワクが止まりません。

 

 

注意点③つ

①宿探しが大変


(道の駅をやっとのこと見つけて許可を得て泊まりました)

ママチャリ旅で一番大変だったことは宿探しです。
田舎の道などを走っていると、街灯は消えています。
真っ暗な道をGoogleマップで探して走るのは危ないですし、何より怖いです。
その為、明るい内にある程度の宿泊場所の目星を決めることを推奨します。

 

②体力がないと厳しい

日頃運動をしていない状態で、いざママチャリ旅を始めるのは難しいかもしれません。
ご自身のゴール設定にもよりますが、何百kmとなると話は異なります。
ママチャリを何時間も漕ぐのって普段経験しないと思います。
実際、めちゃくちゃ進まないし疲れます。
体力作りをしてから臨みましょう!

 

③寂しい。。。

これ夜になるとすごく感じますね。。
見知らぬ土地で、真っ暗な時にチャリを漕ぐ時。
この瞬間、すごく孤独でとても寂しいです。
解決策としては、友達などに行くことを事前に伝え連絡を取り合いましょう!

 

 

チャリ旅おすすめ
①ゴールの時の達成感が半端ない!
②人との出会い
③ワクワクする

 

注意点
①宿探しが大変
②体力がないと厳しい
③寂しい。。。

 

 

 

じゃーにー

 

自分で決断する機会がふえる

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です