世界一危険なインドのお祭りホーリーで気をつける事

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

20歳記念でたまたまインドを訪れて、たまたまホーリーに参加しました。

 

今回はその時に感じた、ホーリーで気をつける事参加した感想の記事を記しました!

是非、危険なお祭りに参加したい方はご覧ください!

 

 

ホーリーって??
ヒンドゥー教の春のお祭り。
春の訪れを祝い、子供や大人関係なく色粉をぶつけ合い色水を掛け合いお祝いします。
「ハッピーホーリー」と言って粉を投げ付き合います。

 

〜ホーリー参加で気をつける事〜

危険な場所には近付きすぎない

ホーリーは、インド人の方々も無礼講で全員の方々が楽しみます。
子供から大人まで全員が全力で、色とりどりの粉を投げつけ合います。
その中でも、目立ちやすい観光客は特に気を付けねばいけません。
女性への暴行、観光客の誘拐等があります。
少しでも危険と感じたらすぐにその場所から離れましょう。

 

持ち物は極力少なめに

荷物は手ぶらが望ましいです。
お祭り中は、ハイテンションな人々が大勢います。
残念ながら、その隙を狙ってスリが多発しています。
携帯やカメラを持って行きたい方は、無くなる覚悟で持って行きましょう笑
体験談ですが、参加者の方々達がハイテンションすぎて僕の服はビリビリに破かれました。

 

捨てても良い服装で参加する事

街を歩いていると、どこからともなく粉を投げられます。
車での移動中にも窓に投げられと、場所を問わず投げられます。
しかもこの色の付いた粉、なかなか落ちません。
顔、洋服、靴全てがカラフルに染まります。
その為、捨てても良い、または現地でシャツを買う事を推奨します。

 

夜遅くまではしゃぎすぎない

普段あまりお酒を飲まないインド人も、この日は沢山飲みます。
ヒンドゥー教の方々はこの日は、お酒が解禁されます。
お祭りの楽しさにお酒が交わって危険も増します。
その分、危険も増しますので早めにホテルに戻りましょう。

 

参加してみて

たた、色の付いた粉を投げるだけではありません。
インドの熱気、本気で粉をぶつけてくるインド人、恐怖心全てが楽しいです。
半端なく楽しいですよ、ホーリー。
どの位かって言うと、幼い頃初めて行ったディズニーの10倍は軽く超えてるでしょう。
ホーリーに参加したら、日本での日常が物凄く物足りなくなりますので注意して下さい。

 

 

まとめ

危険な場所には近付きすぎない
危険と少しでも感じたら、すぐに安全な場所に移動しましょう。

 

持ち物は極力少なめに
スリに気をつけるべく、手ぶらでホーリーを楽しみましょう!

 

捨てても良い服装で参加する事
色の付いた粉は、落ちにくいのでホーリー用の服を用意しましょう。

 

夜遅くまではしゃぎすぎない
夜まではしゃぎすぎず、この日は皆でホテルで色を落としましょう。

 

思い出になる事は間違いありません!
ですが本当にぶっ飛んでいるお祭りなので、皆様お気をつけ下さい!

 

じゃーにー

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です