余命を告げられたら自分はどうするのか

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

もし、病院でこう言われたら自分は何を考え、何をするだろうか。

 

 

「あなたの余命はあと1ヶ月です」

 

 

僕は、慌てふためき途方にくれるだろう。

普段、【死】について考えることはそう多くはないからだ。

もっとも日頃から【死】を考えていないから尚更だ。

 

死について改めて、意識するときはこういうとき位だ。

・テレビで見る有名人の早すぎる死についてのニュース
・親族、周りの人が亡くなったとき
・交番の横にある看板で死者数が0ではなかったとき

 

そして、遂に自分の番がやってきた。

そして、告げられた【余命】までにやりたい事を考える。

 

・好きな物をたくさん食べる?

・死ぬまでに行きたい所をリストアップして、行ってみる?

・余命を伸ばす為に、たくさんのドクターに会いに行く?

・お金を使いきって自分の欲を満たす?

 

これらの欲求を満たしても、僕は虚しくなるだろう。
なぜなら、ただ一瞬の快楽で終わるから。

 

 

やりたい事をたくさん考えた僕は更に気付く。

 

 

今まで時間をどれだけ無駄にしたのだろうと。

 

死を意識して初めて、今までの無駄な時間の貴重さに後悔する。

 

・ついつい見すぎてしまったYoutube

・暇だからと時間潰しのテレビ番組

・土日だからと言って寝すぎた時間

 

こんなのあげたらキリがない。

 

死を前にして、改めて誤った時間の使い道を後悔する。

 

 

終わりがあるからこそ、気付くのだ。

 

 

いつだってそうだ。

 

・受験を失敗した時。もっと勉強すればよかったと。。

・好きだった人に振られた時。もっと自分のミスに気付ければよかったと。。

・仕事でミスをした時。もっと確認、準備をしていればよかったと。。

 

 

物事には、終わりがあり常に終わってから気付く。

 

 

そして、何も成し遂げることができなかった自分にも気付く。

・自分のやってきた仕事は、誇れたか。

・大小関わらず、挑戦しなかった事を思い出す。

・社会に役に立つ事を成し遂げられただろうか。

 

あの時、ああしていたら。
あの時、こうしていれば。

無数のたらればが、頭をよぎる。

 

僕は死を前にして、たくさんの気付きを感じるのだ。

 

 

一番は死ぬまでに、
本当にやりたいことを成し遂げないと後悔すると。

 


 

もし余命を告げられ【死】に直面したらを考え言葉にしました。

【死】を目の前にすると、自分の人生いかに何も挑戦していない。
実現できていない、いかに時間を無駄にしているかに気付きました。

 

もし、自分の人生が告げられたらあなたは何をしますか?

時間は有限で、限られています。

 

死ぬまでに自分の使命を見つけて叶え、人生をもっとよりよくしていきたいものだ。

 

 

 

 

 

じゃーにー

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です