周りに合わせる生き方について

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

海外の人と日本人の自分を、くらべて見た目が全然違いますよね。
(めちゃくちゃ当たり前のこと言ってます)

髪の色、髪の質、肌の色、話す言語もバラバラ。
ひとりひとりが、違う事はあたり前。

海外を旅している時は、個々の人々は主張するのが強く感じた。

 

例えば、アメリカ人は自己主張が強く競争的な性格。

それに比べ、日本人は協調重視で合わせる性格。

 

特に、日本人は協調性、同意が特に強い民族だと思う。

職場の同僚、学校の友達など人数が増える数だけ周りに合わせる機会が増える。
んで、周りの目、人のことを気にして悩み、ストレスがたまっていく。

なぜこんなにも日本人は周りに合わせてしまうのか?
生き方は合わせなければならないのか?について説明していきます。


なぜ日本人は周りに合わせてしまうのか?

日本人は狭い世界の中(その時々のコミュニティ)で周りを気にしすぎ。

「多数派に属しているのが安心」
「少数派になるのが、こわい」

という気持ちがどうしても働きます。

・なぜ大学に行かないといけないのか?
・何で大学を卒業したらずっと、働かないといけないのか?

人が言うみんなは、みんなではないです。
皆が学校に行っているから、皆が働いてるから。

こう言うのは本当に狭い世界での、一部の人の話でしかないです。
自分の軸がしっかりしていないから、周りを気にしすぎてしまうのではないか。

 

生き方は合わせなければならないのか?

生き方まで周りに合わせる必要は無いです。
また人と比べても、キリがないので意味はありません。

人と違う事をした方がいいんじゃないか?と言う訳ではありません。

自分の軸をしっかり持って
考えて、決めて、行動していくことが大切なのではないか。

他人の目とか気にせず、自分のやりたいことをやれば良い。
人には人の道があり、自分には自分の道があるのだから。

 

 

 

 

じゃーにー

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です