幸せになりたいなら、感謝しよう! TEDスピーチ

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

突然ですが、みなさん幸せですか?

 

幸せになりたいなら、感謝しよう!

 

幸せになる為には、幸せだから感謝をするのか?感謝をすると幸せになれるのか?

今日はそんな事を気付かせてくれたスピーチを紹介します。

幸せは感謝の心から生まれる」と
研究者であるデヴィッド・スタインドル=ラストは言いました。

ゆとりを持ち、自分の方向性を見極め、
何よりも感謝の気持ちを持つことについて、彼の教えが心に響くスピーチです!

【出典】
https://www.ted.com/talks/david_steindl_rast_want_to_be_happy_be_grateful/transcript?embed=true&language=ja

※TEDは世界中から選ばれた、その道のスペシャリストな方々がスピーチするプレゼンテーション。

 


 

幸せになりたいという気持ちはみんな同じ

幸せになりたいという気持ち。これは皆、同じなのです。
幸せをどのように考えるか、その考え方は違っても
幸せになりたいという気持ちは私たち皆が共有しているものなのです。

当たり前だけど、「幸せ」になりたいって当たり前の気持ち。
人によって、幸せの度合い、形はそれぞれある。
けれども、根源にある「幸せ」になりたい気持ちはみんな、同じ。

 

幸せが感謝をもたらすのではなく
感謝が私たちを幸せにしてくれる

感謝の心ですが、幸せと感謝の心には どんな関係があるのでしょうか?
私たちは、誰もが決して望まないような不運をたくさん背負っていながら
心の底から幸せな人たちを知っています。
彼らは幸せに溢れていて驚かされます、なぜでしょう?
彼らに感謝の心があるからです。
幸せが感謝をもたらすのではなく感謝が私たちを幸せにしてくれるのです。
もし幸せが感謝をもたらすと考えているなら考え直してください。
感謝が私たちを幸せにしてくれるのです。

幸せになるには、【感謝】に気付くこと。
感謝→幸せ この流れによって気付かなければならないのだ。

感謝して生きる方法

私たち一人ひとりが感謝して生きる方法はどうすれば見つかるのでしょうか。
たまに感謝するのではなく一瞬一瞬に感謝すればいいのです。
とても単純な方法です。
実は子供の頃に良く言われていた簡単なことを思い出しましょう。 
横断歩道を渡る時に習った、止まる 見る 進む それだけのこと。 
しかし私たちは めったに立ち止まりませんね。
私たちは人生を駆け抜けて、止まることをしないのです。
止まらないために 機会を逃す、立ち止まらなくてはなりません。
私たちは人生にも 「とまれ」の標識を 立てておかなければなりません。

小さなことにでも、気を留める立ち留まること。
蛇口をひねったら水が飲める、友達が周りにいること、ご飯が食べれること。
自分の人生に「とまれ」は必要なのだ。
与えられた物を楽しむ、それが人生なのだ。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です