初心者が練習なしでホノルルマラソンを走ってみたら、、【一連の流れも解説】

こんにちは、わったーるです!(@wattaru0121

 

練習なしで、ホノルルマラソンを走ってみました!

 

タイムは、、、、、

 

 

5:47:40

 

感想は本当に、きつい、しんどい、しんどいです。。

 

今回は、ホノルルマラソンに挑戦したい人に向けて、以下解説していきます!

・ホノルルマラソン参加の流れ(エントリー後)

・マラソンに向けて準備すること

・感想

 


 

ホノルルマラソン参加の流れ(エントリー後)

オンラインで事前に申し込みが終わり、いざハワイに着いてからを解説します。

ホノルルマラソン前日にハワイコンベンションセンターに向かいます!

ここの会場では、以下手続きを行います。

 

①ナンバーカードの受け取り

各番号順に受け取れる様なっています。
その為、自分の番号を探し各種目のナンバーカード受け取りデスクで、
計測タグつきナンバーカードと安全ピンを受け取りましょう。

こういう感じで、自分の番号のカードを貰えます。
このカードの上にあるビニール袋は、衣類預け入れ専用袋です。
フルマラソン、10Kラン&ウォークで衣類預かりサービスも行われております。
(前日に着替えの衣類を預けてフィニッシュ後に受け取ることが可能)
利用したい方は、専用袋を配布デスクで受け取る。

※10 Kラン&ウォーク、カラカウアメリーマイルの方のみ、参加記念Tシャツも受け取ること。

 

②計測タグの確認作業

 
ナンバーカードに記載されている氏名などを確認します。
次に計測タグが正しく作動するかを会場内の装置で確認。

係りの方に従い、ここに裏面をスキャンします。

 

 

レース当日の流れ

大会当日の午前2時~4時に、ホノルル動物園のカパフル通り側駐車場から
直行でスタート地点のアラモアナ公園へ向かう、無料バスが運行しています。
事前予約の必要は要りません。バスは乗車定員になり次第発車。

※午前4時前は混雑しスタート時間に間に合わないとの事なので、
できるだけ早めにバスに乗りましょう。 

こんな感じで、バスが常時出ているので迷うことはありません。

 

 

マラソンに向けて準備すること

ホノルルマラソン(フルマラソン)に向けて準備しておいた方が良い事はこちら!

 

・しっかり走って、靴を慣らすこと

これ当たり前何ですけど、靴擦れきついです。。
新品の靴を購入し、ろくに練習せずやったらまあそうなりますよね。。。

 

・前日は早めに寝て体調を整えること

マラソン開始は、朝の5:00です。
朝には体操などの準備もあるので最低でも、7時間の睡眠を確保しましょう。
すごい、体力勝負なので!

 

・日本で物を準備すること

これは、必需品かもしれません。
【ランニングポーチ】携帯を入れたり、補給食を入れるのに非常に便利です。

【補給食】40キロ以上も走るので、栄養を補給するのに必要です。
走ってる時に、住民の方達から差し入れなどでお菓子など貰うことができます。
しかし、これは自分のタイミングで補給できるのではないので各自購入しときましょう。
差し入れは、そうめん、チョコ、みかん、などを頂きました。

コンベンションセンターでも購入できます。
(20ー40ドル程で購入できます)

 

感想

練習もなしで、フルマラソン走るの危険です。笑

とくに20キロ超えたあたりからは本当にきついです。

足をあげるにも上がらない、腕も重くなり振れない。

きついとしか言いようがありませんでした。

 

が、

 

走ってる最中、色々な方に励まされ後押しもあり走ることができました。

きついだけではなく、ハワイの景色もよく良い思い出になりました!

是非とも、練習を重ねてホノルルマラソン走りましょう!

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です